忍者ブログ
こちらは雑食サイトです そのうちサイト名が変わるかも。 ひとまず始めての方は 道標へ行ってください 荒らしは回れ右です。 BLの意味がわからない、とか BLなんて嫌いな方は 無暗に入って後悔しないように・・・
[75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  これ以降の話は前回の続きです。
其の一話を見てからお読みしてください。

  不意に何も解らなくなる瞬間がある。

 きっとそれは今、この時だろう。

 ここは何処だろう?

 目の前の少年は誰だろう?

   +   +    +

「まぁ、座れよ。」

自分と向かい合わせになる椅子を指差しホタカが言う。

「お前は俺が創ったんだよ。」

真顔でそんな事を言う。

信じられるわけない、自分とたいして変わらない少年にそんなことを言われても。

「信じられないだろう。」

「だって、今の今まで僕は学校に行って家に帰って・・・図書館に行こうと思ってたらココに着いたんだ」

「夢だよ、全部。お前は今の今まで夢の中に居たんだ。」

「じゃぁ・・記憶があるはずじゃないか。」

「そこらが問題なんだ。お前は夢の中に沈む度記憶をなくしてる。お陰で俺は一苦労をしてるってわけさ。」

そう言って立ち上がる。続いて深い溜息を一つ付く。

「・・溜息をつくと福が逃げるんだよ。」

「溜息つかしてるのはお前だ。」

「やっぱり僕、帰るよ。僕を見てると溜息つくだろ。」

「出たって無駄さ。ここはいわば鳥籠だ。無駄に設備の整ってる。」

「じゃぁ、どうして僕がここに入ってこれたの?」

「ここがお前の帰ってくる場所だから。」

あべこべだ。

「俺が罪人だからだ。ここが鳥籠なのは。」

「どうして?」

「お前を創って本から引っ張り出したから。」

「そんなことあるわけない。」

「あったからお前がいるんだろう。」

適当な本を読むわけでもなくパラパラとめくってぼやくように言う。

「じゃぁ、僕はどうすればいいの?ここから出れなくて、知らぬ間に罪人で、記憶がなくて。」

「ここに居ればいいだろう、罪人として」

「君は嫌だろう。僕は君に作られたらしいけど君の記憶は断片すらないんだ。」

「言っちゃ何だが、もう慣れたぞ。俺は。」

本を投げ出しどうでもいいと言うように笑う。

「そんなこと言ってるんならさっさと思い出せ。」

「どうやって?」

そう悪戯気に言うと頭を小突かれた。

「・・・お前。」

「何さ。今、思い出したんだ。」

「・・・性悪。」

「ただいま、ホタカ。」

ニコリと笑って言うとまた小突かれた。

「お帰り。」  

 +    +     +

ここは迷宮図書館。

一人の物書きと一人の本から引っ張り出された少年が居る、不思議な図書館。

そこは罪人の鳥籠でもある。

夢の館でもある。 

 

next

 

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
今月・先月の出来事
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
我が家の愛猫
幸なお言葉・足跡
[10/12 ★小泉今日子 過去のウラ動画流失!!]
[01/01 莉奈]
[12/12 千祈]
[12/12 千祈]
[12/12 朔夜]
最新記事
(01/10)
(01/09)
(01/08)
(01/08)
(01/07)
管理人の彼是
HN:
千祈又の名を橘憑 叶迷
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
小説やら、イラストをかく。
自己紹介:
道標にて紹介致します
又の名の読み方も;
バーコード
此処の何をお探しですか?
いつかの出来事
(10/10)
(10/11)
01
(10/18)
(10/20)
(10/23)
クルクル回る足跡
忍者ブログ[PR]
◇ 写真提供:Four seasons ◇ ◇ cute*e ◇